現代日本は、少子高齢化が進むと同時に、ますます核家族化、非婚化が進みつつあります。

そのため、お墓を継ぐ人がいない、遠方のため、あるいは病気や高齢のためお墓参りに行けない人が増えているのが現状です。

Ameba News関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

従来のお墓では維持、管理が難しくなってきていると言えるでしょう。

神奈川の永代供養情報を検索しましょう。

そんな中、永代供養墓に注目が集まっています。
永代供養墓とは、高齢や病気でお墓参りができない人の代わりとして、あるいは、お墓参りをしてくれる人がいない場合でも、お寺が永代にわたって供養と管理のすべてを行ってくれる墓のことです。


一般的に他の人と同じ墓や同じ納骨堂に安置されます。


永代供養墓は、今や、様々な理由から選ばれているようです。
まず、一般のお墓と比べ墓石を必要としないことが多く、料金が安く済むことがあげられます。

料金は形式、納骨方法によって変わりますが、一般的には30~40万円程度なので、お墓にお金をかけたくない、金銭的にお金をかけられない場合でも安心です。

その他には、自分の死後に子供に迷惑をかけたくない、伝統的なお墓の制度を守りたくない、身体的、肉体的、時間的にお墓参りが苦痛、お寺の檀家になりたくないなど様々な理由があるようです。
永代供養墓を選ぶ際には、お寺自身が窓口となっており、安心して永代供養を任せられるお寺を選ぶようにしましょう。



業者任せのお寺では、利用者の立場ではなく、業者の立場で供養墓を作っているので、後々後悔することになりかねません。

Copyright (C) 2016 永代供養墓が注目されています All Rights Reserved.